2020年08月04日

県・市へ要望書を提出しました

昨年10月の豪雨により夏井川本川及び支川で堤防決壊が生じ、
多くの人命が失われる大災害となりました。
当会では、夏井川流域の河川環境改善の啓蒙活動や、地域住民
及び関係団体との交流促進などを進めていますが、この度の
災害復旧対応にあたり「住民主体」の目線から意見及び要望を
世話人会でまとめ、令和2年7月30日に県と市へ書面を提出
いたしました。
【要旨】
〇現在進めている災害復旧工事及び今後の治水対策について、
 住民の意見を広く聞く場を設けてほしい。
〇今後の洪水治水対策及び防災について、官民一体となった
 対応が必要と考える。
 ・恒常的な意見交換・情報共有の場の設置
 ・縦割りでなく関係部局一体での流域治水の検討
 ・遊水地設置の検討
 ・新ハザードマップの活用
 ・夏井川河川防災ステーションの有効活用 

福島県いわき建設事務所へ要望書提出
IMG_2999.jpg
同上、要望書の説明
IMG_3002.jpg
いわき市へ要望書を提出
IMG_3003.jpg
同上、要望書の説明
IMG_3004.jpg
posted by 夏井川流域住民による川づくリ連絡会 事務局 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告